渡部さんは知らない

会いたくて


会いたくて


胸が苦しくなる夜を過ごしてること


知らないよね。





季節の移り変わりを


肌で感じるたび


あなたを思い出してること


知らないよね。




毎日 毎日


スマホを見るたびに


あなたからの連絡がないか


気にしてること


知らないよね。




おいしものを食べたり


すてきな場所へ行ったり


なつかしい音楽を聞いたとき


あなたに伝えたくなってること


知らないよね。







渡部さんの毎日には


私はいない。




仕事も忙しそう。


精神的にも


いっぱいいっぱいの毎日なんだと思うのです。



そんななかで


私のこと


思い出す瞬間なんて


ないよね。




今はそんな時期。


いつまでそんな時期なのかわからない。


ずーっと続くのかもしれない。




くるしいよ。






私を


思い出して。




私に


会いたくなってね。

大好きだから、大丈夫

今さらで

すみません。



やっぱりどうしても


気持ちが落ち着かなくて。。。






いつも

寄り添ってくださった

大好きな

大好きな

ブロガーさん。




とっても


悲しくて


寂しくて


まだ立ち直れないでいます。



大きな穴があいた感じです。





文字だけのやり取りなのに


いつもあったかい気持ちが伝わるの


本当に素敵な方なんだと思います。


私がどれだけ救われたことか…


大好きで


すごく寂しい。




たくさんの人たちが

同じ気持ちをブログに書いてました。



どうか


私たちの願いが


祈りが


届きますように。




おねがいします。

遠くに感じる

皆さんの優しさに甘えて


本当にマイペースなブログになってしまって


すみません。。。



来てくださってありがとうございます。


* ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ *



早いもので5月ですね。


渡部さんとはもう5ヶ月会ってません。



渡部さんから病状を聞いて

調子がよくなったら連絡するね と言われて

1ヶ月半たちました。


渡部さんからは連絡ありません。



GW中、

渡部さんの仕事は

鬼ように忙しかったと思います…


繁盛するのは嬉しいことだけど


体調が心配でした。。




だけど、なんとなく


先月後半あたりから

渡部さんの調子はよくなってきてるような気がしました。


渡部さんの仕事用のSNS

うつがひどいときなら

こんなこと言わないだろうな

という感じの

やる気にあふれた内容が増えてきたので


少しでも調子がよくなってるなら

よかったです。


でも

仕事用のSNSでは

本当のところはわかりません。




やっぱり

渡部さんの体調が気になって


心配で…



ずっと連絡待ってたけど


どうしても気になったので


連休明けに


私からLINEを一通送ってみました!




『 GWおつかれさまでした。

体調はどうですか?

どうか無理しないでくださいね。』



送るのはすごく勇気がいったけど


なんとなく今なら連絡しても大丈夫なような気がして


送ってみました。



すると渡部さんからは

15分後くらいに返事がきました。


本当に精神的に調子が悪かった時期は

翌日のお昼まで未読スルーのこともあったので

早く返事がきて嬉しかったです。



『 ありがとう。

体調は、よかったり。わるかったり。かな。

まあ、ぼちぼちね。』



そっか。。

まだなかなか完全には元気になれないよね。


体調の良い日もあるなら

よかったかな。


まだまだ心配だけど


うん、ぼちぼちいこう。


そう思いました。



本当は

いろいろ話したかったし

今度電話できる?とか

聞きたかったけど

ぐっとこらえて



『 うん、そうですね。

ぼちぼちいきましょう。』


と送りました。


もう渡部さんが返事をしなくてもいいように、話題はあえて広げませんでした。







なかなか


また前みたいに元気な渡部さんに戻るには

時間かかるみたい。



やっぱりまだ渡部さんを遠くに感じました。



返事してくれたことは

嬉しかったです。


だけど

まだまだ

なんだか

遠いなぁ…と思いました。



渡部さんにとって

私がどんな存在なのか


想像してみても

全然わからないけど


ひとつ言えるのは

遠い存在なこと。


渡部さんは

私に会いたいとか

話したいとか

そういう境地ではないんだろうなぁ。



だから


はやく会いたい


はやく電話したい


と強く願うのはやめようと思いました。



渡部さんの存在が

遠すぎて。


まだまだそんな段階じゃない。






また会える日は来るのかな


また楽しく長電話できる日が来るのかな


来たらいいな。


そんな感じでいようと

思います。




なんだか

渡部さんと再会する前に戻ったような感じです。


あのころ

渡部さんは私にとって

もう連絡をとることもなく

もう二度と会うことはないだろうけど

忘れられない好きな人でした。


ただ、ひたすらの片思い。



それが

思いがけない奇跡で

また会えた

連絡もとるようになった


でも

そんな日々も長くは続かず


また

今、あなたを遠くに感じています。


でも

いつかまた

会える日がくることを

願ってます。




長々と

とくに進展のない話で

すみませんでした。



読んでくださって

ありがとうございます❁.*・゚