泥んこ道をふたりで

そんなことあったねと笑おうよ

似てる人

1年前のことを思い出してしまい

苦しくなってましたが

皆さんのコメントがとても嬉しかったです。

ありがとうございました。


* ⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ *


最近、職場に出入りするようになった人が

渡部さんに少し似てるんです。


背が高いところとか

髪型

輪郭やおでこの感じ

顔の雰囲気も・・・


歳も渡部さんと同じだった・・・


会えなくなって1年経って

渡部さんの顔や声は忘れてはないけど

やっぱりどうしても鮮明には思い出せなくなっていってて。


そんなとき、その男性をみると

渡部さんのイメージを思い出しやすくなるので

絶対気づかれないように気をつけながら

チラ見してます(笑)←こわいね💦


少し雰囲気が似てるだけで

渡部さんのほうがずっとかっこいいし

申し訳ないですが

その方にはまったく興味ありません。


話したことも無いです。


ただ、その人が職場に来ると

渡部さんに会いたくなるのです。


会いたいというか・・・

生の渡部さんが見たい。。


だから

渡部さんのお店に行けるお客さんたち

いいなーって思っちゃう。


ていうか

渡部さんを生で見れるなら


渡部さんちの近所のコンビニの店員さんでも


渡部さんのお店に荷物を届けた配達のにいちゃんでも


電車で渡部さんの隣に座ったおっさんでも


渡部さんと道ですれ違った自転車の高校生でも


もうみんな、うらやましい(笑)


代わってくれー!


ここには、その人にこんなに会いたがってる人がいるんだぞー!



私として、渡部さんと会うのは

まだ先でいいので


赤の他人としてでいいので

渡部さんの姿を

見られたらいいのになぁと思います。

やっばり苦しいよ

前の記事で

だいぶ気持ちが落ち着いてるようなことを

書きましたが



やっぱり


当日になると

すごく苦しくなった。



当日とは

1年前に渡部さんとデートした日です。

その日以来、一度も会えていません。


まる1年になりました。


当日は

いろいろ思い出してしまいました。


あの日は

本当に奇跡の日だったと思う。



非公開にした過去記事には書いてたのですが

1年前のあの日、私と渡部さんが乗った車は交通事故にあったのです。


死亡事故レベルの交通事故だったのに

二人とも無傷でした。


警察の方も奇跡だと言ってました。



でもね、

あの事故がなければって思うこともある。


そもそもあの事故も

渡部さんが体調不良だったから起きたのだと

今は納得できる。


あのときはもう

渡部さんの心と体は悲鳴をあげてたんだと思う。


渡部さんは去年の11月くらいから

めまいがひどくて立ち上がれないこともあったと言ってた。


そんななかで

無理して私と会う時間をつくってくれて

その結果、事故が起きてしまって


仕事で必要な車も

事故で廃車になり


年明けにはお父さんが亡くなられて


それでも仕事を休む訳にはいかなくて


本当に想像を絶する日々だったんだと思う。



だから

やっぱり1年前のあの日は

忘れられないし

思い出すと苦しい。


渡部さん

ごめんね。





1年経った今、

どうしてますか?


どうか少しでも

気持ちが楽になっていますように。

本当に、会いたいのかな

12月になれば


渡部さんとまる1年会ってないことになるのです。



まさか、1年会えないなんて

思ってもなかった。


1年というと長いけど

あっというまだった。


夏頃までは

いろいろ思い悩んでは

苦しくなることが多かったけど


自分の生活を楽しんでる私がいる。


前みたいに

思い悩む時間はかなり減った。


慣れかな?

あきらめかな?

心構えが出来てるのかも。


もちろん

渡部さんのことがどうでもよくなったわけではなくて

心と体の調子はいつも心配になるし

いつもこっそり気にかけてる。


渡部さんのことが

好きな気持ちは変わらない。


でも以前のように


会いたい!!!


と強く想う気持ちは減った。


むしろ


本当に会いたいのかなー・・・


今じゃないのかもなー・・・


と思うことが増えた。




私は結婚していて

子どももいる

という自分の立場を

あらためて自覚したからかもしれない。


私はまだまだ子育て真っ最中です。


そして最近

やっと

子育てが楽しくなってきた。


遅っ💦💦( ̄▽ ̄;)


今までは、

子どもがまだまだ小さくて

生命を守らなきゃという責任感のほうが強くて楽しめなかった感じでした。。


最近だいぶ

自分のことは自分で出来るようになってきた子どもたち。

そして『 おかあさん、おかあさん!』とたくさんの嬉しい言葉をかけてくれる。


お母さんでいることに

生きがいを感じられるようになりました。やっと。


この生活をこわしたくないと思うのです。


だから

片想いのままのほうが

本当は

いいのかもしれないなぁと。



とは言っても

差し支えのない程度には

連絡をとりたいのです。。


お互い近況を報告しあって


会えなくてもいいけど

ちょっと声を聞いたり出来れば

十分すぎるほど嬉しいな。


やっぱり

好きだから。



今は

そんな感じです。