泥んこ道をふたりで

そんなことあったねと笑おうよ

ゾッとする話

前回のデートのまさかの交通事故…


ふたりともケガがなかったこと

歩行者や他の車を巻き込まなかったこと

が不幸中の幸いでした。


警察の方も

ケガがないのは奇跡と言ってました。


渡部さんが

「横転した瞬間

俺のほうが下になって倒れたから

もし大ケガしたり死ぬとしたら俺だからよかったと思ったよ。」

と言ってました。


私は

「私はケガしても死んでもいいけど

渡部さんに何かあったらいやだよ!」

と思わず何も考えずに言いましたが


渡部さんは

「もしケガしたりして

俺たちの関係が知られたら

さよのほうが大変な事になるでしょ」

と言っていて


たしかにそう…。

私は考えが甘すぎたと思いました。



ケガをして意識不明になって

救急車で運ばれていたら…と思うと


ゾッとします…



自分がどれだけリスクのあることをしてるのか

思い知らされました。


渡部さんと会うとき

毎回必ず

二人の時間を何事もなく過ごせて

無事にまた家に帰れるとは限らない…


予期せぬ事故や災害にあってしまったら


と思うと


本当に、ゾッとします。



今回、

ケガがなくて本当によかったです。


だけど

これからも

二人でいるときに

何事も起こらないとは限りません。


気をつけようのないこともあると思いますが

身の引き締まる思いでした。



車の横転なんて

生まれて初めての経験だったけど

勉強になったのは


シートベルトの大切さです!


私たちはシートベルトをしてたので

車が横転しても

しっかり座席に座った状態のままでした。


シートベルトってすごい!

と心から思いました。


これからも忘れずシートベルトしようと思います!